[PR] メールマガジン シニア俳優論:日本映画@シニア世代のほこり 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
FXで貧乏脱出する完全成功指南書

シニア俳優論

三丁目の夕日 小雪さん【日本映画@シニア世代のほこり】

三丁目の夕日 小雪女優論

三丁目の夕日の小雪さんを、美輪明宏が女優としての彼女を語りました。

小雪さんは往年の原節子さんを思わせる本当の女優の登場だと美輪さん


そんなことが記憶の隅にあったのでしょうが、

東京物語の原節子さんが小雪さんにダブって見えたのです。

役柄は全く違います、

東京物語の原節子の役柄は夫に先立たれて一人働く戦後まもなくの女性

夫の両親を他の実の子供達が引き取るのを避ける中、東京で向かえて世話をする役柄です、

そして三丁目の夕日の小雪さんはストッパーや居酒屋のママの役柄です

でもその二人に共通するのは、二人にお役柄にあまりリアリティがない事でした。

あまりにも生活の臭いがしないのです

両方とも生活臭が臭う役柄ですが、品がよすぎてにおいがありません。

私は映画にリアリティばかり求めた時代がありましたが、最近は映画の意味はある夢を見させるものでなければならないと考えるようになっています。

だから、このリアリテイのない人がこんな役柄をするから、その愛の表現が透明で美しいものになる

昭和ロマンに大して、見る人が求めるものは、透明で浸み込むような愛の表現なのかもしれません。

「冬のソナタ」が大ヒットしたのもそんなものを求めた結果といえなくもないともいます。

ストリッパーや身を崩した役をそのまま地で出来る女優がいますが、

あまりにリアルで、そのままで、いやな感じがすることも多く

本当の女優の現れるのを期待していました。

小雪さんははじめも出る出身の芝居の出来ない人との偏見を持っていましたが、

今回見て芝居演技を存在そのものが表現する、なんと言っていいのか、

どんな役になっても本性が現れ出てしまう女優だと思えるのです。

そしてその本性が「透明」だと思えるのです。

いい女優がやっと現れたと思いました。

ご本人は、女優は自分に合っていないと言ってはいますが・・・・

[PR]ALWAYS 三丁目の夕日

[PR]三丁目の夕日傑作集(その4)



こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!


シニア俳優論

美輪明宏 オーラの泉の仏【日本映画@シニア世代のほこり】



美輪明宏はオーラの泉の仏

オーラの泉 美輪明宏の全身黄色に包まれた姿を見ていました。



オーラの泉は、江原啓之が主人公

いわゆる霊能者で、運命や生まれ変わりが見える人

江原啓之こそオーラの泉の中心的存在だとばかり思っていました。

でも、今度初めて分かりました、

オーラの泉の中心はやはり、美輪明宏だということが

美輪明宏のコスチュームは、見た目に女装です

でもなんだかそう感じられないのです

オカマと言うか、役者やタレントに結構います

ピーターとかマキとか

その先駆者が美輪だと思っていましたし、事実そうなんでしょう

でも今日気がつきました

美輪さんは、女装じゃない

中性的で、男でも女でもないそんな衣を着ている

仏さんは男女のどちらでもない

勿論両性具有などという生々しい存在でもない

美輪明宏を見ると仏の衣装を感じたのです。

同時に、この番組の中心にいて霊からの伝言を仏の言葉に代えて江原さんに伝達しているのだ

そんな確信を持ちました。

江原さんは舎利子的存在なのだと思ったのです。

あなたはどうお思いでしょうか

[PR]DVD 美輪明宏「人生愛と美の法則」 2

[PR]スピリチュアル エナジー

[PR]オーラの泉気分で楽しめます♪オーラカラーを判定できます大人気!オーラ玉ストラップ



シニア俳優論

日本映画が勝った

邦画の萌芽

アメリカ映画のドンパチにもうええ加減にして

それが、日本映画に目を向けたんです

恋愛映画での涙が失恋を癒す 恋の時々、わたしには映画がありました。

 だから、その映画の題名を書くと私の年がすぐ分ってしまいます。

 私自身の失恋と映画の関係は次回以降おいおいたっぷり語って行きたいと思います。

まず一つだけ(とか言いながら、もうばらす)

青春のもっとも多感な時の大失恋、自殺さえ考えたことを思いとどめさせてくれた映画とその思い出を今回少し語ります。

おそらく誰もそんな映画の題名、知らないでしょう。
「真夜中」って題名だったと記憶しています。(知ってる方がいたらびっくり)

私はその映画に1週間通いつめました。
当時人気の女優,キム・ノバック主演のお針子と高齢の店主の恋愛映画でした。

ストーリーの記憶はほとんどありません。
当時3本立ての場末の映画館で、1週間通い詰めでも行けたんですから、安かったんでしょうね

同時上映の「六番目の幸福」の方が評判高かった記憶があります。

何かの映画評論で小さく「キム・のバックの駄作・・・」の記事を覚えているのですから、たいした映画ではなかったようです。


ところが当時の私の胸を大きく動かせたのは「真夜中」だったのでした。

最初の日は3本とも見ましたが、次の日からは上映時間に合わせて「真夜中」だけを見続けました。

その次の日もまたその次の日も
気がついたら映画が切り替わるまで1週間通いつめていたというのが本音です。

わたしは映画館の暗闇の中で毎日涙を流し感動していたのでした。

そして映画館を出るたびごとに、京都の街がスッキリきれいに見えたのを今でもはっきりイメージできます雨の日など、夕暮れのアスファルトの映る都会の灯がとても印象的でした。


あなたはそんなことありませんでしたか?(映画でなくても)

わたしには自分の恋や失恋のそばにいつも映画が共にあったのでした。

「スクリーンに見る純愛・失恋・くどき文句 恋愛映画論」は
すこぶる自伝的になってしまうかも知れません。
でもそこをぐっとこらえて客観的にあなたにお伝えして、あなたと共感を分かち合えるブログにしていきます。

では今日の最後に恋愛と映画の原点を少し

何故映画は恋愛を描くのか私の特に好きな映画の一つ「風と共に去りぬ」
この映画の主題は南北戦争です。

監督はアメリカ最大の歴史変動を見事に描ききった素晴らしい大作で、今でも充分見ごたえのある映画でしょう。

この作品は政治と戦争を主題としていますが、
ストーリーを貫く縦糸は、やはり主人公の恋愛にありました。

スカーレット・オハラ役ビビアンリーの演じる南部貴族女性の恋愛変遷なしにこの映画の成功はなかったと言い切れます。

つまり映画は恋愛がストーリーの基本の役目を果たすことが圧倒的に多いことを、まずお伝えしたいのです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。