[PR] メールマガジン シニア情報:日本映画@シニア世代のほこり 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
FXで貧乏脱出する完全成功指南書

シニア情報

団塊世代の消費【日本映画@シニア世代のほこり】

団塊世代 自分のため、楽しみの消費

堺屋さんは職縁の消費(会社人間型消費)から楽しみのための消費に向かう、そして貯蓄を取り崩してでも楽しみを買う。


堺屋太一さんのこれからの団塊世代の動きに対する予言です。

最もお金を持つこの世代が、これからの経済を主動して、黄金の十年を作る

それが予言です。


そして今の状況、あるコミュニティーのアンケートによりますと

お金を何に使うのですかの質問に

 A 質素な暮らしで老後に備える          27%
 B 投資などの運用益を求め年金の足しにする    27%
 C 物や旅行に使い、後は年金暮らしをする     31%
D 事業開業資金           13%

非常に少ないアンケートの回答ですから、現況を的確にあらわしているとは思えませんが、A・B・C がほとんど同じくらいであることに興味があります。

でもA・Bは消費よりお金を使わないほうですから、54%約半数以上が守りがたとい得ます。

そうすると堺屋太一さんの予言は当たらないことになりますが・・・

堺屋さんは、定年の1〜2年は、収入が減ることで生活防衛に向かうがそれ以後は爆発的に自由な高齢者消費が始まると書いています。

「平成三十年」という近未来小説も読んでください、面白いですよ。

またもう一つのアンケート

「60歳以上の シニアになって、老後をどこで過ごし、どこで暮らしたいか?」について

 日本に半分、海外に半分 最後は日本の病院&ホーム化海外 36%

と一番に多く

 ハワイ、ニューヨーク、ロンドンなどヨーロッパアメリカ移住希望者 40%

で、日本に永住したいとの希望は1件もありませんでした。このアンケート比較的回答者が多く(でも100人以内)ちょっとした参考になります。

 外国で過ごしたほとんどの人が、日本が一番住みよいところだというのと裏腹な回答ですね。

 やはり憧れなのでしょう、日本と外国半々が一番現実的な答えかもしれません

 私の友人も大阪市内と、1時間くらい離れた田舎で農業をしながら行ったりきたりしています。

 そのためむちゃくちゃ元気です。

 さてあなたはどれ派でしょうか?

[PR]ネット限定の旅、ネットだから格安


こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!




シニア情報

平成団塊世代予言【日本映画@シニア世代のほこり】

団塊予言 堺屋太一「平成三十年」


『平成三十年』とは何か 『平成三十年』とは、かつて団塊の世代で30年間の予言を的中された堺屋太一さんの予言小説第2作目です。
  
今日ほとんどすべてお読みました。

最後の最後いま読んでいます。

・・・ちょっと待ってください・・・

午後10時半

今読み終わりました。

平成三十年、戦国時代

織田信介が三好、武田などを追い落とし

将軍足川(足利)を首相につけ

大改革を断行する、政変劇で終わっています

官僚主導の国家を大変革するのがこの小説のテーマでした。

最後は推理小説張りに面白い展開です

平成の未来にご興味のある方は是非読んでください。

いろいろ面白う予言がありますが、私自身の頭を整理しながら少しずつあなたにご報告いたします

今日は、読後感

平成三十年、高齢者が日本の改革を担うために

選挙で勝利する

新党回天政党が大躍進、「5反百姓の会」「学校評価会」「高齢者研究会」などの素人集団の塊が足川(足利)を担いで次々当選

産業情報省(経済産業省)大臣が85歳の高齢者研究会の代表になる

黒幕織田信介(信長)が足川首相を追い落とし、政界を乗っ取る

そんなドラマを、官僚木下和夫(木下藤吉郎?)の目を通して語られる小説でした。

朝日新聞に連載されたとは、ここ数年新聞を取らなくなっていましたので知りませんでした。

こんばんは、小説を読み終わったところで、

その予言の内容について

あなたにお伝えしたいことがまとまりません。

これからもう一度振り返り、この面白い予言をお話します。

シニア、熟年、65歳を過ぎた私に、この21世紀の主役が団塊世代を中心にした高齢者であるとの堺屋氏の予言は希望と力を感じられるのです

最後の織田氏の飛行機が、明智官僚の本能寺変で行方不明になるところで小説は終わっていますが、

さすがにそれはこじつけと、苦笑しました。

シニア旅行の企画を探しました、シニア割り引きなどもあります

ネット限定の旅、ネットだから格安


  【日本旅行】 大人のための旅特集!『寛ぎの旅・煌きの旅』

【日本旅行】偉大な音楽家を育んだ中欧3国・音楽紀行

シニア情報

シニア理想の暮らし方【日本映画@シニア世代のほこり】

田舎暮らしと都市生活両方の理想 宇田博士の場合 

団塊世代の方、シニアライフの理想的なすごし方を

すばらしい友人 宇田博士のことをあなたに知っていただきたいのです。

宇田さんは都市と田舎の2居住で、農業をしながら自然の創造力を研究実行しておられます。

まず宇田さんの創造についての考え方です


私の体験から編み出した「自然が分かれば創造がわかる」お話しを‥、恐竜はなぜ滅んだか、地震の簡単な予知方法、渡り鳥はなぜ帰れるのか、葉っぱはなぜ緑なのか・・など自然現象の謎解きからその発想法の製品への応用をお話しします。

この発想法で、電気接点表面にできる黒化物のために接触不良が発生するという難問を半年で解決しました。

この接触不良の問題は、世界一のベル研究所で25年間研究され「解決不可能」とされていました。

世界中の研究者が解決の糸口が掴めないと思っていた難問でした。
しかし「自然が分かれば創造がわかる」発想でアプローチをかけ、瞬時にひらめいた

アイデアで解決し、アメリカの1996R&D100Awardを受賞しました。

その記事がR&D誌に載ると,NASAを始め、USA陸軍、海軍、空軍、その他148の研究所から「資料が欲しい」とメールで問い合わせがありました。

宇田技術研究所・代表
工学博士 宇田 成徳 (うだしげのり) 自然が解れば「創造」は誰でもできる
よりの引用です( http://www.b-model.net/uda/concept.htm

3月ごろ手前味噌つくりを教えていただき現在熟成中。昨年の手前味噌は本当においしくいただいています。

宇田さんは、大阪市内の住居のほか、みそ作りにお伺いした能勢と三重の赤目に農地付のおうちをお持ちです。

いわば理想の熟年をすごしておられ、羨ましい限りです。

宇田さんが挑戦し開発した農法が、いろいろな場所で注目されています。農業のプロたちのコンサルもされているんですから本物ですよね〜

その第一が「塩まき農業」なんです。
サツマイモ1  サツマイモ2

少し分かりにくいのですが、左の写真の左が塩まき栽培、右が普通栽培。そして右写真が収穫された潮間記載米サツマイモです。私もいただきましたが、本来サツマイモの嫌いな私もすごくおいしく食べられました。



最初にご紹介した宇田博士の引用文のように、「自然が分かれば創造がわかる」発想で、農産物にはミネラルが必要、それならミネラル一杯の塩を土にまいてやれば良い。

土に塩なんて塩害の元、誰も創刊がますが発想が違うのですね。

宇田さんのこんな本もあります良ければご一読をお勧めします


そして毎日愛用の昔懐かしい味!ふりかけ!!ミネラル一杯です

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。