[PR] メールマガジン 点と線 時刻表の面白さ【日本映画@シニア世代のほこり】:日本映画@シニア世代のほこり 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
FXで貧乏脱出する完全成功指南書

シニアが選ぶ今の映画

点と線 時刻表の面白さ【日本映画@シニア世代のほこり】

点と線 時刻表 アリバイ 東京駅

点と線  久しぶりにすごくよく出来たエンタメドラマでした

ビートたけしの刑事はよかった

料亭「小雪」の女中2人と、東京駅の13番線プラットフォームで見送られていた機械工具商会を経営する安田辰郎。この3人は、向かいの15番線プラットフォームに、同じく「小雪」で働くお時が男性と夜行特急列車「あさかぜ」に乗り込むところを見つける。だが数日後、お時とその男・佐山は、香椎の海岸で情死体となって発見された。

一見ありふれた情死に見えたが、博多のベテラン刑事・鳥飼重太郎は、佐山が持っていた車内食堂の伝票から事件の裏の真相を探るため、一人、捜査をすることにする。

一方、佐山は現在社会をにぎわしている××省の汚職事件の関係者であった。この事件を追っていた本庁の刑事・三原紀一は、心中事件を追って九州へ向かい、鳥飼と出会う。

捜査の結果、二人は、東京駅で13番線プラットフォームから15番線プラットフォームが見えるのは、1日の中でわずか4分間しかないことを突き止め、安田を容疑者として追及しようとする。だが、安田には完璧なアリバイがあった

松本清張の時代をとらえた事件の導入は砂の器と同じように初めから引きつけられる。

砂の器では国鉄の蒲田駅の線路で田舎の元警察官の死体発見から始まる。

こちらも国鉄駅である、鉄道を使った推理小説が松本清張のデビュー時には多い。

砂の器の背景にはらい差別があり、点と線の背景には汚職があった。



松本清張は新聞社での給士、版工時代に見た社会事件の報道現場の体験が必ず作品に影響を与える。

点と線も砂の器も、戦後まもなくの日本の現状が描かれ

特に国鉄を舞台にする点は当時国鉄での不可解な殺人時間が松本作品の下地になっていると思えます。

下山事件、松川事件など松本清張は舞台に国鉄を持ってきたのだと思います。

その時代の空気をこのドラマ「点と線」はちゃんと捕らえたからいい作品になったのです。

多分これだけお金がかかった作品です、これからも何度か再放映されるでしょう。

点と線 / 邦画

砂の器 デジタルリマスター2005(DVD)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。