[PR] メールマガジン ビートたけし点と線【日本映画@シニア世代のほこり】:日本映画@シニア世代のほこり 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
FXで貧乏脱出する完全成功指南書

シニアが選ぶ今の映画

ビートたけし点と線【日本映画@シニア世代のほこり】

点と線 ビートたけしの刑事のはまり役

点と線 ビートたけしはいい刑事を芝居しました。


見れば見るほど、あの名作「砂の器」の映像を見る思いでした。

野村芳太郎作品の「砂の器」は野村監督には珍しく展開にサスペンティックなアメリカ映画のような早くてどきどきする映像展開でした。

その後の犯人を追い詰める展開、犯人の殺人に至る動機などを描く展開のゆっくりとしっかりと見せるリズム

そして最後に犯人の父親との放浪する過去の日本の風景が延々と映像が続く言葉のない世界

その時間に何度涙したことか

そのときを思わせる展開がそっくりこのテレビドラマにあった。

ビートたけしの刑事は見事にはまっていた、

むしろ丹波哲郎の刑事よりよかったと思う

点と線は以前映画で見たことがあるが、こちらの方がいい作品だと思った。

テレビでもこれだけの作品が出来るんだ

でも結構お金がかかったんだろうと思えます。

CG、コンピュウターグラフイックによる、当時の東京駅のホームの再現は

先日見た三丁目の夕日のCGによる東京風景と同じように現実感がありました。

点と線、こんな映像化が難しいドラマをテレビがいいドラマに仕立てた

それがとても嬉しいのです。


点と線 / 邦画

シニア市場 情報サイト!!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。