[PR] メールマガジン 団塊世代女優 泉ピン子「渡る世間は鬼ばかり」:日本映画@シニア世代のほこり 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
FXで貧乏脱出する完全成功指南書

団塊シニアのタレント

団塊世代女優 泉ピン子「渡る世間は鬼ばかり」

泉ピン子「渡る世間は鬼ばかり」団塊の家族ドラマ

泉 ピン子(1947年9月11日)

1966年、牧伸二に師事して歌謡漫談家としてデビュー(当時の芸名は「三門マリ子」)。しかし、売れっ子の師匠と違ってキャバレー回りが続いたといいます。

「ウィークエンダー」の番組レポーターを担当したのを機に、改名し「泉ピン子」となる。

この芸名は芸能人になるのを反対していた父親が『芸人にはピンからキリまであるのだから、志しの一番なピンの芸人になれ』その一言で決まったのでした。

 その後連続テレビドラマ「おしん」での母親役の演技力の評価で、橋田寿賀子との深い関係が生まれ、



大ヒット作品「渡る世間は鬼ばかり」のラーメン屋の嫁と母親役を実にうまく演じています。

このドラマでの泉ピン子は5人姉妹の長女で、まとめ役のような立場です。

とにかくこのドラマ、人間関係が複雑怪奇、

5人の娘の実家(岡倉家)の家族たち、5人それぞれの嫁ぎ先の家族たち、その親や息子、娘、孫世代まで描いていています

さすが橋田寿賀子という所でしょうか

出演者の役柄と個性をよくもまあ間違えないでドラマを書いていると

昔少しシナリオを書いたりしていた私には、手品を通り越して
紙の奇跡だとさえ思えます。

団塊の泉ピン子自身の事はともかく

「渡る世間は鬼ばかり」の家族とは、まさしく団塊が直面する現実k族と未来家族です。

 泉ピン子の位置は80歳を過ぎた親の面倒(実家も含む)を見なければならないし、成長して巣立っていく子供の世話もしなければならない、そして孫との関係もつなぐ世代

特に、ドラマでもあるが、ラーメン屋の姑女 赤木春江はすばらしい演技で嫁いびりをしていたが 実生活でこの役をリタイアせざるを得ない年齢に達したのです。

このドラマはまさしく、これからの団塊の家族の人間関係と、それぞれの世代の家庭の持ち方を暗示するものと思えます。

 おしん 完全版 少女編

渡る世間は鬼ばかり パート1 BOX I

●ネットバンキング決済・コンビニ後払いも可能!ちょっと待って、神様


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

渡る世間は鬼ばかり}渡る世間は鬼ばかり(わたるせけんはおにばかり)は、東京放送|TBSが1990年から断続的に制作しているテレビドラマである。現在までに7シリーズが放送された。2006年4月6日から8..
ブログ名あのドラマに夢中!


おしん『おしん』は、1983年4月4日から1984年3月31日まで放送された日本放送協会|NHK 朝の連続テレビ小説。全297話。平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%。苦難に遭いつつも決してあき..
ブログ名あのドラマに夢中!


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。