[PR] メールマガジン 団塊世代さだまさし小説「眉山」映画化 :日本映画@シニア世代のほこり 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
FXで貧乏脱出する完全成功指南書

団塊シニアのタレント

団塊世代さだまさし小説「眉山」映画化 

さだまさし小説映画化「眉山」と皇后陛下

眉山 徳島市の小さな山

どの方向から眺めても眉の姿に見えることから、その名がついたといわれる。徳島市のシンボル的存在として親しまれている。



2007年5月12日よりさだまさし原作でこの眉山(びざん)を舞台にした映画「眉山(びざん)-びざん-」が公開されている。

そんなどこにでもある小さな山である。

眉山(びざん) この映画今日見てきました。

その一つの理由は、なぜこの映画を美智子皇后がわざわざご覧になったのか、

そのことが知りたかったのです。

映画を見ながら、ストーリーや出演者にその理由は見つかりません

なぜ皇后が見る必要があったのか

皇后がご覧になるには、それなりの理由があるはずです

映画のストーリーの中や、出演者のどにその答えはありません

ここからは、独断推測です

皇后が見なければならない必然があるとすれば

「眉山(びざん)」と「阿波踊り」

天皇家に何か影響を与える歴史やしきたりの中にこの山や踊りがある

阿波踊りは、蜂須賀家・・・と言うとかなり歴史が新しい

眉山(びざん)・・・やはり

私が尊敬する産婦人科医に後藤田みどり先生がおられます

みどり先生はあの後藤田正晴さんの従妹でいらっしゃいます

そしてある意味霊能力者でもあり、徳島の歴史の中に古代日本の天皇家を導くものが会ったことを地元の新聞などにお書きなのです。

そんなことから、今回の美智子皇后が眉山(びざん)をご覧になった理由があるように思えるのです。

鳴門金時 黒眉山(びざん)

さだまさし原作「眉山(びざん)」映画化記念限定プレミアムボトル!長期熟成秘蔵酒【徳島の地酒】


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。