[PR] メールマガジン さだまさし小説「眉山」の映画化:日本映画@シニア世代のほこり 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
FXで貧乏脱出する完全成功指南書

シニアが選ぶ今の映画

さだまさし小説「眉山」の映画化

さだまさし原作映画 眉山 見てきました

さだまさし原作を読んだ後に今日見ました。

美智子皇后様がなぜ試写をご覧になったのかも知りたかったからです。




原作とは違うのは勿論です、

しかし感動は原作を引き継ぐものでした。

ちょっとストーリー

女手ひとつで育てられ、いつも厳しい母・龍子の背中を見ていた咲子。独立して東京で仕事をしていた咲子の元に龍子の入院の一報が入り、地元徳島に戻ってきた。

病床での龍子は以前と変わらず看護士に説教をするような自分勝手な態度。そして、何事にも厳しい龍子の振る舞いは、咲子の表情を曇らせるものだった。

 母とは当たり前のように近くにいる存在で、多くの時間を一緒に過ごしている。

だからこそ、お互い理解している部分と理解していない部分がある。それぞれに心に思うことをすべて交わしているわけではない。

お互いが心に積もる思いがありながらも、素直に言葉にならない関係が母と娘なのかもしれない。

 咲子は徳島でそれまで知ることがなかった龍子の過去をたどることになる。そこには、母の娘に対する思い、そして咲子の父親に対する思いが封じ込められていた。それまで感じていた母の厳しさ。そして、それに反発するように独立した自分。自分は、母にとってどのような存在なのか。龍子の過去によって、咲子は初めて龍子とひとりの女性同士として向き合っている。

そこでラストの阿波踊り場面と映画の主題、母と子、不倫の子と父親が交錯する

これがこの監督の力量が発揮される映画そのものでした

犬童一心監督の力量

本当にこのところ日本映画の質がよくなってきると感じます。

見た後、なぜ皇后が見たかったのかは、ストーリーからは分かりませんでした。

ただ徳島という土地、眉山という山

これが今の宮家の祖先に大きな意味を持っているのかもしれないと思いました。

徳島という土地と天皇家の関係など少し調べてみた息がします。
鳴門金時 黒眉山

さだまさし原作「眉山」映画化記念限定プレミアムボトル!長期熟成秘蔵酒【徳島の地酒】


私が推薦する古典映画も
 よければクリックしてください。ここからリストページにご案内いたします






この記事へのコメント
TB,有り難うございます。
映画「眉山」評判がとても宜しいようで、さだファンとしてもとても喜ばしい事です
羽柴小一郎
TB有難うございました。松嶋さんは美しく、宮本信子さんは、久し振りにスクリーンに登場して、さすがでしたが、映画は少し退屈でした。阿波踊りの場面は迫力ありましたね。献体について、考えさせられる映画でした。原作も読んでみたいです。
おばさんは元気
TBありがとうございました。私はまだ原作を読んでいないのですが、スクリーンの宮本信子さんの人形浄瑠璃と啖呵、クライマックスの阿波踊りには圧倒されました(もっとも宮本さんのは某NHKの女将の影がちらついてしまいましたが)。それから献体を行った祖母を思いだしました。
そろりん
TB、ありがとうございました。母親の秘密を通して母娘の心の機微を描き、ラストへと至る展開が見事でしたね。
青波男
 トラックバック、ありがとうございました。犬童一心監督いいですね。凡作も多いけど、秀作も多い。あたりはずれがビシッと決まっている監督で、どうでもいい映画は、本当にどうでもいいのですが、良い映画を撮ります。どーしても、犬童一心となったら、今度はどちらか?と、期待と不安で観に行ってしまいます。読ませていただき、ありがとうございました。  冨田弘嗣
冨田弘嗣
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
眉山
     江戸っ子ですから            「ひ」を「し」としか発音できません。 え〜っと、美智子皇后もご鑑賞されたという本作ですが 私は、久しぶりに吠えてしまいそうな映画でし..
ブログ名UkiUkiれいんぼーデイ

眉山 -BIZAN-/松嶋菜々子
特に観たかったというわけではないんだけど宮本信子さんの演技が好評らしく、せっかくの母の日なので素敵な親子の物語もいいかなぁと観に行ってきました。舞台となった徳島にもちょっと興味アリなんですよね。 ..
ブログ名カノンな日々

眉山
昨日断念した眉山を見てきました!! 平日の昼間に男一人で映画。 周りの座席は何故
ブログ名my life style

おれはエステティシャン
女の体をいじりまくってお給料もらえたwww まじ最高www
ブログ名さわだ07

眉山−BIZAN−☆独り言
さだまさしの原作といえば・・・『解夏』が意外とよかったしというからでもないけど、『眉山』観てきました。まゆやま・・・って何?って思ってたけど徳島県の山の名前なのね^^;地理・・・弱いなぁ、、、相変わら..
ブログ名黒猫のうたた寝

眉山
思いの外、といっては、失礼かもしれないが、良かった。宮本信子の演技は、とても良い
ブログ名cococo

眉山−びざん−
「眉山」。しかし入ってなかったな。平日ということもあるけれど。自分を入れて二人。
ブログ名文明の果の大笑い

映画 「眉山」
 四国・徳島の女性はきっぷがよくて情が深いという。昔、隣の課に彼の地出身の女性がいて、その課の私の友人は彼女によく遣り込められていた。ちょっと男性のような雰囲気すら持っていた。一二度酒の席でいっしょし..
ブログ名After the Pleistocene

眉山:咲子、いっぱしの女になったねぇ キネカ大森
タイトル:眉山 - びざん - 監督:犬童一心 出演:松嶋菜々子/大沢たかお/宮本信子 製作:2007年日本 母一人、子一人の家族。父は小さい頃死んだと聞かされた。 私が14歳の阿波踊りの夜、母..
ブログ名気ままに映画日記☆

眉山(びざん)
 <TOHOシネマズなんば>  バベルを観て、満足したのだから、そのままの余韻を胸に帰りたいが、本
ブログ名活動写真評論家人生

眉山−びざん−
咲子の母・龍子を演じる宮本信子が上手い。文楽を愛するちゃきちゃきの江戸っ子といった役柄を好演しています。
ブログ名夫婦でシネマ

さまださし原作「眉山」観てきました。
 僕の好きなさだまさしが原作の映画、眉山を観てきました。
ブログ名よしなしごと

さだまさし
さだまさし| Blood = A型| School_background = 國學院大學法学部中退| Died =| Origin = ・長崎県長崎市| Instr..
ブログ名ひかるの記録


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。